watch watch watashi

ぐだぐだとなんでも書きます。お付き合い願います。

JAMSTECに入社したい

日曜が終わる。


昨日は上野の国立科学博物館でやっている特別展 深海2017 に行ってまいりました。


ホルマリン漬けのたくさんの標本や綺麗な映像、深海に関連する様々な研究や施設に関する情報があふれていて、出口に至る頃には勝手に賢くなったような気がしました。


ちびっこもとびきり多くて、各所で泣き声や叫び声が飛び交う中、

親に自慢げに知識を披露する声や答えのない質問を飛ばしまくっているシーンなど、子供のうちにこういう未知との遭遇を果たすことの大切さなんかもいっちょまえに感じました。


でかいイカの足の標本を前に、しげしげと眺め母親に吸盤の大きさを伝える女の子が隣にいました。

吸盤がでかい事にとても感動していて何度も親に伝えている様子を見ると、なんかすごいいいなーとしみじみしていました。

しかしどうも吸盤の中の鉤爪には気づいていない様子。

これはこっそりお節介したい!と、前このブログでこき下ろした大人の有難くないありがた迷惑を自ら発動してしまったわけです。

隣でぼけっとしていた恋人に話すように、女の子に少しだけ聞こえるように、

あの鉤爪を見てくれ、刺さって獲物を離さないようにするためらしい


女の子はピクッと反応、食い入るように巨大なイカの足の標本を見つめなおし、鉤爪を見つけていました。

お母さん、鉤爪がある。これは…(ナンタラカンタラ)


仕事してやったり顔のありがた迷惑おじさんがここにまた生まれました。


でも、ああいう自分の周りの世界に目を向けつつ、目の前にある興味の対象にも没頭できる子は、すごくいいなーと思って感動しました。

目の前の標本という情報、自分が今欲している情報。

これに貪欲にいられる素敵な子だったなーとべた褒め。

ああいう博物館や美術館は子供の夢が転がっているし、大人でも子供心に夢を見られる、とてもいい場所だなと思うからすきです。

あの子には是非、僕の夢を継いでJAMSTECに入社してほしいと思います。

JAMSTECさん、僕もまだまだ頑張れますよ!

よろしくお願いします!


…(´・ω・`)!!!